建設業許可を受けている建設業者は、請負った建設工事に「主任技術者」または「監理技術者」を置く必要があります。この「主任技術者」「監理技術者」と建設業許可の「専任技術者」は似ていますが全く別の目的です。間違えないようにしておきましょう。

主任技術者とは

建設業許可を受けている建設業者が、元請・下請に関係なく請負った建設工事を施工するとき、必ず「主任技術者」を置く必要があります。「主任技術者」に必要な資格と役割は以下のとおりです。

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]

  • 一般建設業の専任技術者と同一の資格
  • 施工計画の作成
  • 工事の工程管理、目的物や資材の品質管理
  • 公衆災害の発生を防止するための安全管理

[/wc_box]

 

以上のように、「主任技術者」は工事現場における技術的な責任者といえます。

監理技術者とは

特定建設業者が元請となる場合で下請代金が一定以上の場合に「監理技術者」を置く必要があります。「監理技術者」を置く必要があるのは以下の場合です。

 

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]

  • 建築一式工事で、下請代金総額が6,000万円以上
  • 建築一式工事以外で、下請代金総額が4,500万円以上

[/wc_box]

 

また、「監理技術者」に必要な資格と役割は以下のとおりです。

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]

  • 特定建設業の専任技術者と同一の資格
  • 施工計画の作成
  • 工事の工程管理、目的物や資材の品質管理
  • 公衆災害の発生を防止するための安全管理
  • 下請業者の適切な指導監督

[/wc_box]

 

以上のように、下請業者を使う点で主任技術者とは違っています。

専任技術者とは

「専任技術者」とは、建設業許可取得の要件で必要となる技術者のことです。営業所に常勤していることが前提で、工事現場に配置する「主任技術者」や「監理技術者」とは役割が違いますので、混同しないようにしましょう。

[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]

営業所に常勤して請負契約の適正な締結や工事の履行を技術面から確保すること

[/wc_box]

 

まとめ

ここでは、「主任技術者」「監理技術者」「専任技術者」の違いについて説明しました。それぞれの技術者で役割が違ってきますので混同しないようにしっかりと理解しておきましょう。

また、これらの技術者には専任性についても理解しておく必要がありますので、別の記事で説明します。