出向社員でも常勤性が認められればなれます。

出向社員であっても、出向先への常勤性が認められれば、専任技術者や経営業務の管理責任者になることができます。

建設業法では、営業所ごとに置く専任技術者、経営業務の管理責任者の常勤性を求めているので、その条件さえクリアできれば出向者でもなることが可能です。

常勤性を確認する資料としては以下のようなものがあります。

・出向元と出向先との間で締結された出向契約書・覚書の写し

・出向元の健康保険被保険者証の写しなど

・出向元の賃金台帳、出向先の出勤簿の写し