営業取引上、対外的に責任を有する地位にある者です。

建設業許可取得のための要件である「経営業務の管理責任者」とは、営業取引上、対外的に責任を有する地位にある者のことをいいます。

建設業の経営について総合的に管理した経験を有していることが求められます。その経験が、許可を受けようとする業種で5年以上あると経営業務の管理責任者になることができます。また、その他の業種でも7年以上の経験でも経営業務の管理責任者になることができます。

経営業務の管理責任者としての経験とは

法人の役員、個人の事業主、登記をしている支配人、支店長・営業所長の地位で経営業務の経験をいいます。単なる連絡所の長、工事事務所の所長のような経験は該当しません。