法人の場合は、常勤の役員が該当します。

「経営業務の管理責任者」は、営業取引上、対外的に責任を有する地位にある者として、法人の場合は常勤の役員が該当します。

法人の役員に該当するのは、株式会社の取締役、有限会社の取締役、合名会社の無限責任社員、合同会社の有限責任社員、事業協同組合・協業組合の理事などです。監査役、監事、合資会社の有限責任社員、事務局長などは該当しません。

常勤とは、原則として本社・本店で毎日所定の時間、その職務に従事している者をいいます。日常の経営業務をしている役員でなければ建設業の適正な経営が期待できないので常勤であることが必要です。