個人事業主と、登記された支配人は経営業務の管理責任者に該当します。

建設業を営んでいる個人事業主は「経営業務の管理責任者」としての経験が認められます。また、個人事業で登記された支配人も該当します。

事業主としての経験は、確定申告書の控え(受付印のあるもの)、所得証明、工事請負契約書などで事業内容や経験を確認します。

支配人とは、個人事業主に代わって、営業に関する権限をもつ使用人のことをいい、支配人登記されている者をいいます。