一定の権限を委任された支店長、営業所長などをいいます。

許可を受けた建設業者が「従たる営業所」を設置する場合は、その営業所における契約締結の名義人として必ず「政令第3条の使用人」を届出が必要となっています。この使用人としての期間が5年以上あるときは経営業務の管理責任者になることができます。

「政令第3条の使用人」とは、建設業法施行令に規定する使用人のことで、具体的には支店長や営業所長をいいます。また、会社の代表から一定の権限を委任されていれば支店の次長や、副所長などでも認められる場合もあります。

一定の権限とは、営業所での請負契約の見積り、入札、契約締結などの業務を行うことを指します。