許可を受ける業種で8年、その他の業種を合わせて12年以上

許可を受けようとする業種で8年以上の実務経験と、その他の業種の実務経験を合わせて12年以上あれば専任技術者になることができる、というのが実務経験要件の緩和です。

実務経験要件の緩和は、「とび・土工・コンクリート」「しゅんせつ」「水道施設」「大工」「屋根」「内装仕上」「ガラス」「防水」「熱絶縁」のみに適用され、これ以外の業種には適用されません。

実務経験要件緩和の業種範囲

実務経験の振替が認められるケースは2ケースあります。

① 土木工事業、建築工事業から専門工事業への実務経験振替

土木工事業 ⇒ とび・土工、しゅんせつ、水道施設

建築工事業 ⇒ 大工、屋根、内装仕上、ガラス、防水、熱絶縁

② 専門工事業間での実務経験振替

大工 ⇔ 内装仕上

これ以外の振替は認められていませんので、注意しましょう。